【自動更新ポリシー】Chromebookのサポート期間を確認する方法

Chromebook(クロームブック)は製品の種類毎にサポート期間、自動更新ポリシーが配信される期限が設定されています。

サポート期間中は自動更新によってChromebookに最新の機能、セキュリティーがアップデートされます。

そのため新規に購入予定の方、既に使用中の方はサポート期間、期限には注意しておきましょう。

初期は3年間でしたが、最近では8年以上の製品も登場するなどサポート期間は長期化していてChromebookユーザーにとっても良い傾向になっています。

製品の種類毎になりますので一概には言えませんがおおよそ5~8年の場合が多いでしょう。

また予定の期限よりサポート期間が延長される場合もあるので、既存ユーザーはたまにチェックしておこう

※実はサポート期間が過ぎてもChromebook自体の使用は出来ます、但しセキュリティー的にじょじょにリスクが増していきますので買い換えた方が無難でしょう。

この記事では、以下の2点を紹介します。

・現在使用しているChromebookでサポート期限を確認する方法

・購入予定のChromebookのサポート期間を確認する方法

スポンサーリンク

Chromebookのサポート期間を確認する方法

現在使用しているChromebookでサポート期限を確認する方法

今、使用している自分のChromebookでサポート期限を確認する方法です。

  • 設定(歯車)
  • 目次
  • Chrome OS について
  • 詳細
  • 更新スケジュール
    「このデバイスでは〇〇年〇〇月まで」記載

Googleの公式サイトでサポート期間を確認する方法

以下のGoogleの公式サイトでメーカー、製品から自動更新の有効期限が記載されていますので確認する事が出来ます。

自動更新ポリシー - Google Chrome Enterprise ヘルプ
概要 Chrome デバイス(Chromebook、Chromebox、Chromebase、Chromebit など)は自動更新され、デバイス本体と搭載ソフトウェアの機能が強化されます。デバイ

Chromebookのサポート期間のまとめ

Chromebookの購入に際しては価格にプラスして、サポート期間を考慮しましょう。

Chromebookの価格をサポート期間の年数で割って「1年当たりいくら」と考えてみるのも1つの購入判断になるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました