【GoPro】ハンドルバーマウントをバイクなどに装着、使い方

バイクなどにGoProをマウントする「ハンドルバー/シートポスト/ポール マウント」です。

要するに丸い棒状の物にGoProをマウントするためのアクセサリーです。

まずは実際の装着した状態を見てもらいましょう。

スーパーカブのバック(リアキャリア)

ハンドルクランプバー

ランプ付近

このように丸い棒状の物があるところにGoProをマウント出来ます。

大変便利なもので私も2個ほど持っていますが、注意点と使い方にコツがあります。

スポンサーリンク

GoProハンドルバー/シートポスト/ポール マウント

サイズ

仕様としては「直径9~35mmのパイプに固定」になります。

なのでマウント予定の直径を把握しておきましょう。

内容物

・ハンドルバー本体

・小型ラバー、大型ラバー(ゴム)

・垂直マウント用バックル

・ロング サム スクリュー

使い方

垂直マウント用バックルのゴムを上げてハンドルバー本体に押し込み、押し込み終わったらゴムを下げます。

回すと伸縮します。

可動域があります。

ポールに装着します。

向きを変える方法

16ヶ所の固定位置での360度回転可能です。

手前の板を押し下げます

手前の板を押し下げます(横から)。

回転させたら押し下げた板を戻します、もちろんGoProカメラを装着した状態でも出来ます。

シンプルな作りで、使い勝手が良いです。

バイクに装着して1ヶ月半使用していますが、不具合はありません。

GoProカメラをパイプ状の物に付けて使いたい方は持っていても良いのではないでしょうか、おすすめです。

スポンサーリンク

直径の測り方について

今回のGoProマウントアクセサリーは直径9~35mmとなっているので、定規で測っても9~35mm内に収まっているな、とはわかるものもありますが

これからバイクなどの工作やカスタマイズする中で正確な測定をしたい方はノギスがあると便利でしょう。

最近はデジタルノギスなどもあります。

私ははミツトヨの530シリーズ M型標準ノギス N15を使っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました