フレッツ光と光コラボレーションの比較と契約の違いについて

昨今、増えている光コラボレーション(ドコモ光、ソフトバンク光、楽天ひかりなど)と従来のフレッツ光について紹介します。

フレッツ光と光コラボレーションの違いについて

端的に紹介すると契約先が2つ(フレッツ光)か1つ(光コラボレーション)の違いになります。

スポンサーリンク

【図解】フレッツ光と光コラボレーションの違い

フレッツ光

フレッツ光ではNTTプロバイダの両社と契約してインターネット回線を使用します。

使用回線はNTTです。

契約先NTTプロバイダ
使用回線NTT 
光コラボレーション

光コラボレーションでは光コラボレーション事業者(プロバイダ)のみと契約してインターネット回線を使用します。

使用回線はNTTです。

契約先 光コラボ事業者(プロバイダ)
使用回線NTT 

フレッツ光と光コラボレーション

光コラボレーションは2015年に開始された仕組みです。

NTT東日本とNTT西日本からフレッツ光回線を事業者に卸売して

事業者(光コラボレーション事業者)は独自のサービス※1を付加して消費者に提供しています。

つまりフレッツ光も光コラボレーションも回線は同じです。

※1 スマートフォンと同時利用で割引など

消費者にとっては契約先が1つになり、また選択範囲が広がります。

転用について

フレッツ光も光コラボレーションも実質的にはNTT回線なので

フレッツ光から光コラボレーションに変更(転用)する事は比較的に容易で

工事不要の場合が多いです。

光コラボレーションのメリット

契約先が1つになります、つまり支払い先が1つになるので契約がより簡素になります。

また使用しているスマートフォンのキャリアに合わせて光コラボレーション事業者を選択すると割引などがある場合があります。

更にキャッシュバックを行ってい事業者もあります。

スポンサーリンク

独自の光回線について

光コラボレーションも実質的にはNTT回線でした。

それに対してNTTのフレッツ光回線以外の回線、独自の回線を使用する光回線にてインターネットサービスを提供している業者もあります。

具体的にはauひかり、NURO光、コミュファ光、ピカラ光、BBIQ、eo光などになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました