TREZORとLedger Nano Sの比較、対応する仮想通貨

 

仮想通貨を扱ううえで最大のリスクは取引所等のハッキングによるロストです

確かにマウントゴックス事件の教訓以来、取引所もセキュリティーに万全の対策はしているでしょうが何が起きるかわかりません

保有する仮想通貨は分散、もしくはハードウェアウォレットに保管して管理するのがベストです

そこで代表的なハードウェアウォレットであるTREZORとLedger Nano Sが対応している仮想通貨を見ていきましょう

スポンサーリンク

TREZORとLedger Nano Sの比較

TREZORが対応している仮想通貨

・Bitcoin(BTC)
・Bitcoin Cash(BCH)
・Bitcoin Gold(BTG)
・Litecoin(LTC)
・Dash(DASH)
・Zcash(ZEC)
・Ethereum(ETH)
・Ethereum Classic(ETC)
・NEM(XEM)

(注) Ethereum(ETH)、Ethereum Classic(ETC)それからEthereumトークン(ERC20)はMEW(MyEtherWallet)と連携して管理

(注) NEM(XEM)はnanowalletと連携して管理

Ledger Nano Sが対応している仮想通貨

・Bitcoin(BTC)
・Bitcoin Cash(BCH)
・Bitcoin Gold(BTG)
・Ethereum(ETH)
・Ethereum Classic(ETC)
・Ripple(XRP)
・Litecoin(LTC)
・Zcash(ZEC)
・Dash(DASH)
・Dogecoin(DOGE)
・Komodo(KMD)
・Ark(ARK)

その他多数(一覧は下SSになります)

TREZORとLedger Nano Sの選択

TREZORとLedger Nano Sの対応している仮想通貨で大きな違いはRipple(XRP)に対応しているのがLedger Nano Sということでいいでしょう、Ripple(XRP)をハードウェアウォレットで保管したいという方はLedger Nano Sを選択せざるを得ません。

TREZORの方に関してはNEM(XEM)に対応しているという特徴があります

使用感においてはLedger Nano Sの方が小さすぎるとも言えますが、TREZORの方が画面が大きく使いやすいです

Ledger社認定日本正規代理店EarthShip



TREZOR正規販売代理店langrey



 

※ハードウェアウォレットを購入する場合には中古品は絶対に避けた方がいいでしょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました