Amazonプライム、Prime Video、Prime Videoチャンネルの関係と違い

結論としては以下になります

・Prime VideoはAmazonプライムの特典の中の1つです。

・Prime VideoとPrime Videoチャンネルは別のサービスです。

・Prime Videoチャンネルを利用するにはAmazonプライム会員である必要があります。

それでは1つ1つ解説していきます。

スポンサーリンク

Amazonプライム、Prime Video、Prime Videoチャンネル

Prime VideoはAmazonプライムの特典の中の1つ

Amazonプライム会員(月額500円又は年額4900円)には以下のような特典があります

・お急ぎ便、日時指定が無料

・会員限定先行タイムセール

・Amazonプライムデー

Prime Video(対象の映画・TV番組が見放題)

・Amazon Music Prime(200万曲が聴き放題)

・Prime Reading(対象の本・マンガ・雑誌が読み放題)

・Prime Gaming(Twitchでさまざまな特典)

・Amazon Photos(無制限のフォトストレージ)

このように「Prime Video」はAmazonプライム会員の様々な特典の中の1つです

Prime Videoとは

Amazonプライム会員の特典の中の1つで、

追加料金なしで対象のドラマや映画、アニメ、バラエティが見放題

Prime Videoチャンネルとは

Prime VideoチャンネルはPrime Videoとは別のサービスです。

Prime VideoチャンネルはPrime Videoの「有料追加オプション」的な位置付けになります。

Prime Videoチャンネルは約50の専門チャンネルがあり、個別のチャンネルに月額課金をすることで視聴できます。

チャンネルの一部を以下に紹介します。

 月額料金無料体験期間
NHKオンデマンド990円 
NHKこどもパーク397円14日
dアニメストア440円30日
時代劇専門チャンネル550円14日
シネフィルWOWOW プラス390円14日
日本映画NET550円14日
マイ★ヒーロー499円14日
HISTORY330円14日
アジアドラマチャンネル880円14日
韓流チャンネル550円14日
韓国ドラマ・エンタメ Channel K550円14日
タカラヅカ・オン・デマンド プレミアムプラン1650円 
J SPORTS2178円14日
ブンデスリーガ LIVE888円7日
バスケットLIVE for Prime Video300円7日
Tリーグ TV(卓球)198円7日
Channel恐怖550円14日

無料体験期間が用意されているチャンネルも多いので時間のある時に試しに見てみるのも良いのではないでしょうか。

その他チャンネル一覧は以下でチェックしてみましょう。

公式 AmazonPrimeVideoチャンネル

Amazonプライム会員

以上、紹介したようにPrime VideoチャンネルとPrime Video(Amazonプライム会員の特典)は別のサービスです。

但し、Prime Videoチャンネルを利用するにはAmazonプライム会員である必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました