【WOT】自走砲の基本操作方法【初心者】

 

突然、空から砲弾が降らしてきて大ダメージを与えてくるやっかいな自走砲です

World of Tanks(ワールドオブタンクス)をプレイしててまだ自走砲で遊んだことのない方は是非、一度は動かして遊んでみましょう

5~10戦でもプレイしてみると

そうすれば、自走砲のプレイヤーがどんなことを考えながらプレイしてるか、自走砲プレイヤーが嫌がるのはどんな相手かもわかると思います。

また自走砲は他の軽戦車、中戦車、重戦車、駆逐戦車と操作方法が全く異なるので気分転換にもなるでしょう

スポンサーリンク

自走砲の基本操作方法

自走砲の視点

 

自走砲プレイヤーの操作画面は俯瞰視点です。

マップ上のいたるところを俯瞰的に見れます。

そして発見されてる敵戦車でかつ、射程圏内なら遠距離でも砲撃できるということです。

FPSのスナイパーに近いイメージです。

それでは自走砲の基本的な操作方法をみていきましょう

自走砲の操作

 

まず、最初は他の戦車と同じような画面です。

そしてもちろんこのまま戦う事もできます。

終盤、自走砲だけ残った場合、しょうがないので普通の戦車画面で戦ったりもします。

画面の切り替え

 

Shiftキーを押すことで画面が切り替わります。

もう1度、Shiftキー押せば普通の画面にまた戻ります。

マップ上の視点の移動

上と下で写ってる場面が違います
そしてもう1つ違うのがミニマップ上の四角の位置が違います

そうです、ミニマップで視点を移動していきます

具体的には、

Ctrlキーを押してカーソルを移動させてミニマップ上を右クリックで、視点を移動。

Ctrlキーを離すと砲身がその方向に回転します

照準が絞るのを待って砲撃(左クリック)します。

基本的にはこれを繰り返していきます

自走砲の簡単な流れ

1.安全な位置に移動する。

2.Shiftキーで画面切り替え

3.Ctrlキーでミニマップ上のカーソル移動

4.右クリックで場面移動

5.照準絞って砲撃(左クリック)

スポンサーリンク

自走砲のコツ

オブジェクトの状態で敵の位置がわかる

マップ上の全てを見ることが出来るため、例えば敵自体が発見されてなくても木が倒れたり、家が壊されているのは見えます

つまり、そこに敵戦車がいるということはわかります。

さらに応用をきかせれば、見えてなくても進行方法などを予見して「見えてない状態の敵戦車」を砲撃することもできます。

複数地点を監視

自走砲は砲身の回転が遅いため

自分の狙っている地点に砲身を向けたまま

Ctrlキー+右クリックであちこちの地点を監視しましょう

Ctrlキー+右クリックを離すとその地点に向けて砲身が回り出します。

ミニマップの拡大・縮小

ミニマップは

「^」キーで拡大

「ー」キーで縮小

出来るので、自分の使いやすいサイズにしておきましょう。

自走砲はレティクルも広いので当たらない時は当たらないものです、気長にまた普段の戦車との気分転換にやってみるのもいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました