セカンドライフ(Second Life)の現在は驚きの進化を遂げていた<2018>

 

「SecondLife(セカンドライフ)」という仮想空間オンラインゲームもしくは正確に言えばインターネット上に存在する仮想世界(メタバース)を知っていますか?

一時期日本でもマスコミなどが次世代の大型ムーブメント取り上げリアルの企業などもセカンドライフに進出しました。(電通の推しだなんても言われました)

またセカンドライフ内の土地の売買なども過熱しました。

しかし、その後セカンドライフ内での宣伝などに効果がみられないこともあり、次々と企業も撤退して日本では誰も話題にしなくなり、もう失敗だなどと言われ過疎化が進みました

話題になる時と言えばネタとして廃墟めぐりなんて揶揄され、サービス自体もう終了したんじゃないかとさえ思われています

私もサービス自体終わってるのかなと思っていましたが、続いていました。

14周年です。

現在セカンドライフはどうなってるんでしょうか、セカンドライフの今を探検してきました

スポンサーリンク

1ヵ月ほどセカンドライフ内に潜入してみた

まずはアカウント作成ということだが、意外と多いアバター候補

 

初期アバターの候補は多いがいまいちなのが多いです

とりあえずこのモヒカン姿になりました

※セカンドライフの登録は無料で、メールアドレスとパスワードと登録名があれば簡単に出来ます

いよいよ、セカンドライフへ行きます

セカンドライフ内へインしました・・・しかし、人がいないです

いや、いることはいるけど出会うの外人ばかりです

1週間ほどセカンドライフ内をさまよって、日本人を探しました

そしてなんだかんだでアバターもこんな姿に変わりました

幸運にも日本人にも出会い、セカンドライフ内が現在どうなってるのかもおぼろげに知り、あちこちのセカンドライフの場所巡りもはかどりました

セカンドライフの今

初期のアバターはしょぼかったが、かなり自由度がひろくいじれます

課金すればさらにサクサク、容姿も変えれます

それではセカンドライフで見かけたアバターの一部を紹介してみましょう

これでもセカンドライフで見かけたアバターのごく一部です

初期アバターとは段違いになってる人が多く、それぞれの好みでリアル系やアニメ系にアバターをカスタマイズしてる人が多いです

2~3年前に登場した「メッシュ」という仕様でセカンドライフ内のアバターの進化が止まらないそうです(正直、セカンドライフってダサいアバターしか想像してなかったから衝撃でした)

更に最近はBENTOという技術により、顔の表情が動いたり、指が動くようなアバターまで登場しています

セカンドライフの建物

ハウス、他色んなタイプの家がありました

ショップ、服・アクセサリー・家具etcとにかくなんでも揃っています

建設物、城・教会・謎の建物とにかく膨大です

ユーザーによる露店、ユーザー間の取引もあります

スポンサーリンク

セカンドライフの現在、まとめ

 

セカンドライフはアバターが独自の進化をとげていました

企業などが撤退したあとは、個人によるネットゲームになりそして意外と物も豊富でなんでも揃います

セカンドライフ初期は土地の売買でお金が儲けられるなんて宣伝されましたが、現在は土地の売買ではなく制作物(3D制作ツール、Blender等による)でお金を儲けている人が多いようです(なんとガチャもあります)

セカンドライフ内でお店を出したり、セカンドライフの服やアクセサリーのマーケットプレイスというネットショッピングに出品したりしています

そしてそういう服やアクセサリーなどは全てユーザー自身が制作してセカンドライフ内で売っているもので、技術はいるがよく売れる物を作っている人はそれだけでもけっこうな収入(セカンドライフ内の通貨リンデンドルがUSAドルと交換できる)になっています

 

それでも、それなりにセカンドライフで儲けている人は制作に知識があったり、センスが良かったりする必要があります(日本人の製作者もいるようです)

それからユーザー視点でみればセカンドライフは物価が安いです、日本のスマホゲーなんかと比較するとかなりの物価の安さです

一言で言えば自由度の高いアメーバピグのリアル版という感じです

ただ、マイナス面でいえばやはり全体として人は少ない、日本人プレーヤーに話を聞いても全体としてある程度の人口はいるが停滞気味で、そしてほんとうに目的が無いのでやることが見つからないで飽きて去っていく人もいるそうです

コメント

  1. 匿名 より:

    創世記からのSLヘビーユーザーです。こういう記事はとっても嬉しい。
    長年セカンドライフを楽しんできたユーザーたちは、
    10年も経てばそれなりにいい年齢に。
    一番盛り上がっていた2007年頃と比べると、
    確かにゆっくりと日本人ユーザーの過疎化は進んでいますが、
    本当に楽しみたい人が、静かに楽しめる空間にはなりました。
    大人たちがゆったり自分の時間を過ごしたり、会話を楽しんだりできる
    そんな場所になっています。

    • hoshi より:

      匿名さん、コメントありがとうございます

      >創世記からのSLヘビーユーザーです。

      最初の頃からのユーザーさんなんですね

      そうですね、ネガティブな廃墟だらけみたいな紹介してるブログが多かったので
      最初は自分もブログネタの1つとしてアカウント作って見に行きました

      実際にしばらくウロウロしてるとネガティブ記事と全然違う場面が多々あったので
      見たまま書くことにしました

      特にアバターの進化がすごかったです、残念ながら自分はあまりやる時間がないので続けていませんが

      また時間が出来た時に巡ってみたいと思います

  2. セカンドライフやってよかったさん より:

    18から始めてセカンドライフ2007生まれ。生まれた頃はキャンプが有りましたアルバイトでお金稼ぎできました。私はマルコさんの所で釣りのキャンプ稼ぎました。友達も出来まして楽しい時をすごしました。企業シムが沢山ありました。短い時期でしたけど楽しかった思いでが有ります。悲しいことも友達がセカンドライフを辞めたことお世話になったシムの封鎖。私も今年30になりますけどセカンドライフは辞めません。続けていくつもりです。

    • hoshi より:

      セカンドライフやってよかったさん、コメントありがとうございます

      >18から始めてセカンドライフ2007生まれ。

      かなり初期からの方ですね、企業シムがあった頃とかもあったんですよね
      そしてなんだかんだで続いてるのがセカンドライフはすごいですね

      オンラインゲームでここまでつづいてるだけでもすごいです